ネットショップ経営のカギはコミュニケーション能力にあり

ネットショップの経営についての私からのアドバイスを書かせていただきます。私は30代半ばより衣料品のネットショップを展開しています。ネットショップで一番重要だと思っているのは、お客様とのメールによるコミュニケーションです。

メールでのやり取りで、顔の見えないお客様とどれだけ本気で真剣に通じ合えるかが売上につながってきます。商品の良し悪しはもちろんですが、それ以上に大切なのがコミュニケーションだと言っても過言ではありません。

お客様は私の顔が見えませんから、購入を検討する段階からずっと不安です。何か質問された場合に、それがサイト上のどこかで説明がされていたとしてもあえて何も言わずに、一から丁寧に説明するように心がけています。また、顔が見えない相手だからこそ、本心でのクレームをフィードバックしてくれますので、とても貴重な意見として真摯に受け止める必要があります。

お世辞も愛想笑いもない世界だからこそ、相手の気持ちや感情を最大限受け止め誠実に対応してこそネットショップがお客様に受け入れられることになります。メールでのコミュニケーションが上手に出来ることこそ、経営者として必要不可欠な能力だと思います。