ネットショップ経営のカギはコミュニケーション能力にあり

ネットショップの経営についての私からのアドバイスを書かせていただきます。私は30代半ばより衣料品のネットショップを展開しています。ネットショップで一番重要だと思っているのは、お客様とのメールによるコミュニケーションです。

メールでのやり取りで、顔の見えないお客様とどれだけ本気で真剣に通じ合えるかが売上につながってきます。商品の良し悪しはもちろんですが、それ以上に大切なのがコミュニケーションだと言っても過言ではありません。

お客様は私の顔が見えませんから、購入を検討する段階からずっと不安です。何か質問された場合に、それがサイト上のどこかで説明がされていたとしてもあえて何も言わずに、一から丁寧に説明するように心がけています。また、顔が見えない相手だからこそ、本心でのクレームをフィードバックしてくれますので、とても貴重な意見として真摯に受け止める必要があります。

お世辞も愛想笑いもない世界だからこそ、相手の気持ちや感情を最大限受け止め誠実に対応してこそネットショップがお客様に受け入れられることになります。メールでのコミュニケーションが上手に出来ることこそ、経営者として必要不可欠な能力だと思います。

安心できる経営コンサルタントの探し方

経営コンサルタントは企業の経営をするために相談すると便利で、気軽にコミュニケーションをしやすいと最適な方法を教えてもらえます。企業の経営は一筋縄ではいかないことが多く、人間関係が悪くならないようにするためには方針ややり方を理解してもらうことが大事です。経営のプロは人との付き合い方や方針の決め方を熟知しているため、疑問点があれば気軽に相談すると解消できて新たなきっかけをつかめます。経営コンサルタントを探す時はただ単に知名度だけで判断せず、実績や人物像を確かめて決める必要があります。

 

コンサルティングの仕事は要望に合わせて最適なやり方を紹介するため、どのようなことを聞けば良いか確かめて依頼すると効果が高いです。安心できる経営コンサルタントの探し方は事務所のサイトで得意分野を確かめ、料金に見合う効果を出せるように決めることが重要です。経営は企業の利益を左右するため方針がブレないようにしたいもので、理解してもらえるようアピールする必要があります。

高級なコーヒーがヒット商品になる要因

高級コーヒーは最近になってニーズが高まり、ヒット商品として人気が高いです。最近ではコーヒーチェーン店が多く、本格的な味わいを手軽に飲めるようになりつつあります。コーヒー豆の種類は安物から高級なものまでピンきりですが、コメダ珈琲などで追加料金を支払うと「コメ黒」と呼ばれるキリマンジャロを加えた味わいを手軽に堪能できて注目度が高いです。

コーヒーはお酒と同様に様々な種類が多く、飲み比べると優雅な味わいを堪能できます。また、ブラックで飲むことで豆本来の味わいを堪能できるため、あえてコーヒーフレッシュを提供しないなど工夫していることが特徴です。コーヒー豆はゲイシャやブルーマウンテンなど高級なものはワインのように飲め、通常の専門店で味わうと非常に価格が高くなります。

最近ではスマートフォンで本格的なコーヒー豆を焙煎して挽ける機械を販売し、自宅でも専門店で飲むような雰囲気を作れます。高級志向は最近になってニーズが高まり、チェーン店や自宅で飲めるようになるなどヒット商品として人気が高いです。

アイスクリームのヒット商品の森永パルム。

アイスクリームの最近のヒット商品といえば森永パルムです。森永パルムは、贅沢なチョコレート感と、マイルドなバニラアイスクリームがマッチして贅沢感のある、おいしさが魅力的な棒付きの食べやすいアイスクリームです。

森永パルムがなぜヒットしたのかというと、お手頃な価格とアイスクリームのおいしさが理由として考えられます。価格は、高級なハーゲンダッツなどに比べると安いですが、味は、本当にチョコレート感がたっぷりでおいしいです。他のチョコレートつきのアイスクリームと比べても、ミルクチョコレートのおいしさが際立っています。

やはり、おいしいものは、ヒットするということなのです。パルムのチョコレート感たっぷりで、マイルドなバニラアイスクリームのおいしさは、贅沢感があります。食べた人は、この贅沢なおいしさに魅了されていくのだと思います。そして、ヒット商品になったのだと思います。

私もスーパーでパルムを買うことが多いです。本当においしくて魅力的な商品です。スーパーやコンビニで、よく売っていて、人気の高さがよくわかります。森永パルムは、素晴らしいヒット商品です。

心を掴むヒット商品「ゾイドワイルド」

2018年も中盤に入り、玩具に新たなヒット商品が誕生しました!まさにリブランディングのお手本とも言えます!玩具シリーズとしてタカラトミー社(旧トミー社)が展開してきた「ゾイド」は、1980年台初頭に登場し、動物型の武装したロボットというコンセプトと、キットを組み立てればゼンマイやモーターによって動くという魅力的なギミックによって、過去多くの子供や男性を虜にしてきました。そのゾイドの最新作「ゾイドワイルド」が、2018年6月に展開をスタートしました!2018年に入って展開がアナウンスされ、コロコロコミックなどで特集され前評判が非常に高く、売れ行きは好調で、特に発売当初は売り切れが続出し「21世紀に入ってゾイドが売り切れる日が来るとは!」との驚きの声も聞かれました。従来のシリーズから一新し、全てのパーツが切り取られた形で商品として収納され、基本的にハサミやニッパーといった工具が必要なく、またネットに組み立て時の動画を載せて参考にできるなど、「プラモに馴染みのない子供でも楽しめるように」という、タカラトミー社の社員の徹底的な配慮が見て取れます!

またトイの発売とタイミングを共にして開始されたアニメも評判がよく、旧版のメカニカルさに、生物的な「ワイルドさ」の加わったフォルムを持つ新生ゾイドたちは、新作の発表があるごとにネット上で話題をさらっています。「ゾイドワイルド」には以前のものと違い、砲やミサイルといった外付けの武装が基本的にないのですが、全身に3㎜の突起が付けられており、これによって、他のプラモや旧ゾイドの武装をそのまま取り付けることができ、これにより、旧ゾイドファンの大人も「カスタム」で楽しめるようになっています!35年を経て子供心を掴み続ける「ゾイド」は、これからも「進化」していくでしょう!

売上を伸ばすために必要なマーケティング

法人営業では企業のニーズに合ってない商品を紹介しても契約してもらえる可能性は低いです。企業のニーズを間違って営業を行うと、どんなに素晴らしい商品でもターゲットの企業に売ることができないので、事前にきちんとニーズを調べて企業が望んでいる商品を紹介することが肝心です。マーケティング活動をすることで自分が売りたい商品を望んでいるのはどの企業なのかが分かり、多くの商品を売ることができます。私は、以前はほとんと企業のニーズを事前に調べずに飛び込みで営業をしていたのですがいまいち望むような成果を出すことができませんでした。そのため、どの企業が何を一番欲しかっているかきちんと組織的にマーケティングをしたところ、かなり売上を伸ばすことができました。それからはどんな商品を紹介するときでも必ずマーケティングをすることにしています。マーケティングは時間や手間がかかって面倒なことですが、まったく利益が違ってくるのでマーケティングをして損はないです。

法人営業の経験から学んだこと

法人営業の経験があるのですが、私はその中でいくつか学んだことがあります。それは、法人営業は、やはり商品ではなく、その人柄が信頼されて初めて売れると言うことです。
私は、最初のうちはその商品が良いものであれば契約がとれるだとか、その商品を欲しいと思った人が多ければ売れるものだと思っていて、ひたすら勧めればいいものなのかと思っていました。
しかし、実はそうではなく、相手との信頼関係というものが非常に重要だと思いました。
たとえば、法人営業は、何度も顔を合わせているうちに、顔見知りの方が増えていきます。そうなると、挨拶をして貰うことが出来たり、話を聞いて貰うことが出来たり、世間話程度が出来るようになります。そうなると、ちょっとその商品試してみようと言ってくれる人がでてきます。法人営業では見込み顧客の対応が大事だと感じました。
私という人間が信頼されて、話し相手になれれば、商品がどんなものでも、試してみようと言ってくれる人が出てきます。日本ではまだまだ、営業においては信頼関係が重視されていると思いました。

法人営業のコツとなること

法人営業とは会社に対するアプローチをする営業であるのですが、上手くやるコツとして絶対的なことがあります。それは要するにその会社に対してのメリットをアピールする、ということです。

わかりやすいところでいえば価格であるわけです。どんなものでもとりあえず経費削減のために安いほうがよい、というのは当然でしょう。しかし、物の質やサービスの質などの違いもあるでしょう。

そして、このときに考えるのが今、アプローチしている企業に売り込みたいと思っているものはすでに別業者のものを利用しているのかどうか、ということです。利用していないのであれば比較となるものがありませんから、ダイレクトに購入する、導入するメリットのみを説明することです。

もし、違う業者のものを利用しているのであればそれとの比較をすることです。そして、リスクとしてあるのがそもそもうちが信用に値する企業、業者であるのか、ということになりますがそれはこれまでの実績などかアピールしましょう。そうした意味で別の人、企業から紹介を受けていく、というのはメリットが大きいわけです。

PR|無料のMAツールならスターティアラボ

私が勤めていたブラック企業考案、仕事が掴める新規開拓の仕方

これは私が2年間勤めていた広告会社で、新卒2年めで大手の担当ひとり立ちをさせてもらったばかりの頃の話です。会社のやり方は新規飛び込みはなしのルート営業、すでに取引がある会社の部署の人から他部署の案件を紹介してもらい、仕事を増やしていく方法を取っていました。

独り立ちをしたばかりで、先輩から引き継いだ既存案件で四苦八苦していたころ、上司から言われた命令が「朝の定時から夜の定時まで、1つの会社に居座ること」でした。

現在の会社は昔と違いアポイントがないと目当ての会社の中に入れないことが多々あると思います。したがって居座る場所は会社のロビー、または受付です。

これはルート営業特有、何度も顔を出している場所だからこそ有効な方法だそうで、ずっと居座っている姿を取引先の誰かが気付きまずは取引のある部署の担当者に伝えてくれます。

「今日はアポイントはないはずだけどな」と言いながら姿を見せてくれる。そこでこちらの状況を説明すると、「それなら」と新しい小さい案件をくれることがありました。

さらに既存部署で案件がない場合がびっくチャンスです。他部署に案件がないか聞いてくれ回してくれる、または状況を可哀そう(もしくは迷惑)と思った担当者がなけなしに仕事をくれることがあるのです。

そこからは担当営業の腕の見せ所で次の仕事を引き出せるかどうかが他部署開拓の有効な方法と教わりました。時間もかかるため実践するかどうかはその人次第でしょう。しかし効果はなきにしもあらず、です。

PR|デマンドセンターの組織を検討中ならスターティアラボ|