PR|MAツールを活用してメールマーケティング|

営業事務は、事務という名目ですが、お客様の直接のやり取りも多く、会社の影の縁の下ではなく、見える場所の縁の下といった役割が多いかもしれません。

大会社などでの、通常の事務経験があり、転職の際に中小企業の営業事務も似たようなものかなと応募されてみると、随分と雰囲気が違うので、驚かれる方も多いのではないでしょうか。
営業事務のやりがいとして上げられるのは、営業が不在時に「大至急何とかして」という依頼を受けざるを得ないことがある点です。

基本の値段や、どうしても急ぎの見積もり、通常と違うルートでのやり取りでの仕事などが入った場合、営業担当の方がいれば、その方にふってその方が早く結果を出せるようにのサポートをします。
ですが万が一、営業の人が出先でつかまらず、社内で同じような業務をしている営業の方がいないときなどは、(勿論人や会社の仕組みによっても違いますが)ある程度、己の判断で値段や納期を回答せねばなりません。

その際に、ギリギリの値段や納期で出しますと、何らかのトラブルが起きてしまった時に、周囲にも迷惑をかけてしまうので、特急の見積もり依頼の為、営業補佐の私が金額を出させていただきましたが、営業担当に直接ご連絡いただければ、少し交渉のできる可能性はございます、といった含みを持たせておくと、多くのお客様は無理を言ったという気持ちもあり、納得をしてくださいます。

自分でできることとして、そこまでを行い、営業の方と連絡が取れた後に引継ぎなどをして纏めていただいた時は、自分自身も営業活動の一部を担えた達成感が味わえます。

そういったやり取りを繰り返していますと、顧客の中でもこちらの名前を覚えていただけたり、わざわざご指名で商品の指定発注をいただけたりという結果に繋がることもありました。
もっともその反面、通常であれば直接営業担当者に言うクレームを、本人がつながらないからといって代理で受けたりしなくては行けなくなる事もありましたが、それもそれで、一種の経験につながります。

PR|家計見直しクラブ|サプリメント|SEOアクセスアップ相互リンク集|お家の見直ししま専科|工務店向け集客ノウハウ|初値予想|オーディオ|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|GetMoney|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|アフィリエイト相互リンク|お小遣いNET|